南北相法巻ノ八(南北相法後篇巻ノ三)

水野南北居士 著 
 

《血色の部(八色の弁)》

まず血色を観る時、眼で観ても意(こころ)で感じても青色ならば、それは青色である。また同様に、眼で観て白色であり、意で白色と感じるならば、それは白色である。青色(せいしょく)、黄色(こうしょく)、赤色(しゃくしょく)、白色(はくしょく)、黒色(こくしょく)、美色(びしょく)、紫色(ししょく)、紅色(こうしょく)においても、以上の道理をもって考え、観なさい。血色には青色、黄色、赤色、白色、黒色、紅色、紫色、暗色(あんしょく)、滞色(たいしょく)、蒙色(もうしょく)があるが、その全ては五色(ごしき、=青[肝]、赤[心]、黄[脾]、白[肺]、黒[腎]*[]は対応する五臓)から逸脱するものではない。まず、青色は肝気から生じる。黄色は脾気から生じる。赤色は心気から生じる。白色は肺気から生じる。黒色は腎気から生じる。つまり、これらの血色は全て、五臓の働きによって生じるのであり、ゆえに五色から逸脱する事はないのである。また、暗色は黒色に似ており、腎気から生じる。蒙色は青色に似ており、肝気から生じる。紅色は心気健正(しんきけんせい)から生じる。紫色は心腎から生じるが、心肝から生じる事がある。滞色は、確実にないとは言えない血色である。元来、血色は天地の気に准(じゅん)じて、自然と生じるものである。しかし、血色というものは、表面に現れる前は皮膚の下に滞り潜んでいるため、その血色をはっきりと観定め難い。ゆえに、このような状態の血色を滞色と名付けるのである。よって、五色においても、表面に現れる前は全て滞色である。例えば、青色が表面に現れる前は、「青の滞色」と言う。また、黄色が現れる前は、「黄(こう)の滞色」と言う。以上の五色、八色とも、表面に現れる前は皮膚の下に滞っているため、滞気とか滞色と言うのである。滞色が必ずあると心得て観る事が重要で、決して迷って判断してはならない。大体において、血色には過去の事は現れない。ただただ、現在の吉凶のみが現れるのである。 

《二十一穴の図(図1参照)》

↑図1「二十一穴の図」

・天中(てんちゅう)の官
・主骨(しゅこつ)の官
・日月(じつげつ)の官
・兄弟(けいてい)の官
・諸友(しょゆう)の官
・山林(さんりん)の官
・福堂(ふくどう)の官
・辺地(へんち)の官
・土星(どせい)の官
・命宮(めいきゅう)の官
・妻妾(さいしょう)の官
・男女(だんじょ)の官
・顴骨(けんこつ)の官
・奸門(かんもん)の官
・食禄(しょくろく)の官
・法令(ほうれい)の官
・承漿(しょうしょう)の官
・地閣(ちかく)の官
・奴僕(ぬぼく)の官
・天陽(てんよう)の官
・高広(こうこう)の官 

《二十一穴が司る意味》

・天中、天陽、高広の官は、通常自分では予想出来ない吉凶を観る。
・主骨の官は、主人や目上に関する事を観る。
・日月の官は、父母や目上(≒上司)に関する事を観る。
・兄弟の官は、親族に関する事を観る。
・諸友の官は、友人に関する吉凶を観る。
・山林の官は、先祖から譲り受けた家督の盛衰を観る。
・福堂の官は、金銭に関する事を観る。
・辺地の官は、旅行の吉凶や、遠方との駆け引き(=取引)に関する事を観る。
・土星の官は、自分自身の体に対応しているゆえ、己に関する吉凶を観る。
・命宮の官は、病の有無や、家庭内に関する事を観る。
・妻妾の官は、妻や恋人に関する事を観る。
・男女の官は、子孫や目下(≒部下)に関する事を観る。
・顴骨の官は、世間や他人に関する事を観る。
・奸門の官は、陰の女(≒愛人)に関する事を観る。
・食禄の官は、現在の家督の吉凶を観る。
・承漿の官は、薬違い(≒薬が自分の体に合っているか)や、食中(しょくあた)りに関する事を観る。
・地閣の官は、家宅に関する事を観る。
・奴僕の官は、家来や目下(≒部下)に関する事を観る。
 
以上の穴所の詳しい取り方については、南北相法前篇、骨格の部に記した。また、骨格の部を参照し、以上の穴所が確定されたものである事を理解しなさい。 

《八色の意味》

・青色、白色、紫色の三色は何れも愁(うれ)い、驚き、辛労を司る。
・赤色は災難事を司る。
・黒色は離別や損失、失敗を司る。
・黄色、紅色、美色の三色は何れも悦びや善事を司る。 
青白色で潤いがない時は、愁いや驚き、辛労が迫っている。逆に潤いがある時は悦びがある、と観なさい。紫色の場合は、潤いがあっても愁いからは免れ難い。 
黒色で潤いがない時は、離別や損失、失敗が迫っている。逆に潤いがある時は、愁いや辛労がある、と観る。 
赤色で潤いがない時は、災難が迫っている。逆に、潤いがある時は、悦びや善事がある、と観る。 
黄色、美色に潤いがある時は、悦びや善事が迫っている。逆に潤いがない時は、愁いや辛労がある、と観る。 
青色に観えても潤いがある時は、黄色と観る。また、黄色に観えても潤いがない時は、青色と観る。 
赤色に観えても潤いがある時は、紅色と観る。また、紅色に観えても潤いがない時は、赤色と観る。 
白色に観えても潤いがある時は、美色と観る。美色に観えても潤いがない時は、白色と観る。
黒色に観えても潤いがある時は、紫色と観る。紫色に観えても潤いがない時は、黒色と観る。
 
以上の事は全て、潤いの有無によってその血色が確定する事を理解しなさい。 

《血色における潤いの有無を論ずる》

潤いのない血色は、しばらく観ていると、太陽が西方の山に沈むように自然と淋しく観える。潤いがある血色は、始めは悪く観えても、しばらく観ていると、太陽が東から昇るように自然と健やかに観える。つまり、潤いのある血色は「観れども冷(さ)めず」、自然と清い。また、潤いがない血色は自然と「観冷(みざ)め」があり、自然と濁っている。 

《天中・天陽・高広の官は、通常自分では予想出来ない吉凶を観る(図2参照)》

青色、白色、紫色の三色が現れる時は、思わぬ愁い事がある。あるいは、思わぬ辛労がある。

↑図2

・赤色が現れる時は、思わぬ災いがある。
・黒色が現れる時は、思わぬ損失がある。あるいは、思わぬ失敗がある。
・黄色、紅色、美色の三色が現れる時は、思わぬ悦び事がある。 
《主骨の官は、主人や目上の事を観る(図3参照)》

・青色、白色、紫色の三色が現れる時は、主人や目上に関する愁い事や、辛労がある。

↑図3

・赤色が現れる時は、主人や目上に災いがある。または、主人や目上からの災いが自分へ来る。
・黒色が現れる時は、主人や目上との縁が切れたり、目上の身の上に関する損失がある。
・黄色、紅色、美色の三色が現れる時は、主人や目上に悦び事がある。または、目上から自分へ悦び事が来る。 

《日月(じつげつ)の官は、父母や目上の事を観る(図4参照)》

・青色、白色、紫色の三色が現れる時は、親や目上に関する愁い事、あるいは辛労がある。

↑図4

・赤色が現れる時は、親や目上に災いがある。または、目上の災いが自分へ来る事があると判断しなさい。
・黒色が現れる時は、親や目上との縁が切れる。または、目上の身の上に関する失敗や損失がある。
・黄色、紅色、美色の三色が現れる時は、目上に悦び事がある。または、目上からの善事が自分へ来る。 

《兄弟の官は、親族(=身内)の事を観る(図5参照)》

・青色、白色、紫色の三色が現れる時は、親族に愁い事がある。あるいは親族に大きな辛労がある。

↑図5

・赤色が現れる時は、親族に災いがある。あるいは、親族の災難が自分に来ると判断する。
・黒色が現れる時は、親族との縁が切れる。あるいは、親族の身の上に、失敗や損失がある。
・黄色、紅色、美色の三色が現れる時は、親族に悦び事がある。あるいは、仲の良い親族がいて、その人から助力を得る。 

《諸友(しょゆう)の官は、友人の吉凶を観る(図6参照)》

・青色、白色、紫色の三色が現れる時は、友人に愁い事がある。あるいは、友人に辛労がある。

↑図6

・赤色が現れる時は、友人に災いがある。あるいは、友人の災いが自分に来る。
・黒色が現れる時は、誠実な友人との縁が切れる。あるいは、友人に関する損失がある。
・黄色、紅色、美色の三色が現れる時は、友人に悦び事がある。あるいは、頼りになる友人がいる。 

《山林の官は、先祖から受ける(または受けた)家督(≒財産)の盛衰の事を観る(図7参照)》

・青色、白色、紫色の三色が現れる時は、家督に関しての辛労がある。つまり、家督の衰えがある。

↑図7

・赤色が現れる時は、家督に関しての災いがある。
・黒色が現れる時は、家督を失う。あるいは、家督に関する損失がある。
・黄色、紅色、美色の三色が現れる時は、家督に関しての悦び事がある。つまり、家督の隆盛がある。 

《福堂の官は、金銭の事を観る(図8参照)》

・青色、白色、紫色の三色が現れる時は、金銭に関する辛労がある。

↑図8

・赤色が現れる時は、金銭に関する災いがある。
・黒色が現れる時は、金銭の損失がある。何れにしても、金銭に関しての大きな失敗がある。
・黄色、紅色、美色の三色が現れる時は、金銭に関する悦び事がある。何れにしても、金銭を得る。 

《辺地の官は、旅行の吉凶や、遠方との取引の吉凶を観る(図9参照)》

・青色、白色、紫色の三色が現れる時は、旅行に関しての愁いがある。あるいは遠方に関する愁い事がある。または、遠方との取引で大いに苦労する。

↑図9

・赤色が現れる時は、旅行、遠方との取引ともに災いがある。
・黒色が現れる時は、旅行、遠方との取引ともに損失がある。
・黄色、紅色、美色の三色が現れる時は、旅行、遠方との取引ともに悦び事がある。または、遠方から悦び事が来る。 

《命宮の官は、病の有無、または家庭内の事を観る(図10参照)》

・青色、白色、紫色の三色が現れる時は、病気になる。または、家庭内に愁い事や辛労がある。

↑図10

・赤色が現れる時は、怪我をする。つまり、災いか病気がある。あるいは、家庭内に災いや口論がある。
・黒色が現れる時は、必ず死ぬ。または、家から離れる。あるいは、家庭内に失敗がある。
・黄色、紅色、美色の三色が現れる時は、病人は快方に向かう。または、家庭内に悦び事がある。 

《土星の官は、自分の体そのものであり、己の身分の吉凶を観る(図11参照)》

・青色、白色、紫色の三色が現れる時は、身の上に関する辛労がある。つまり、境遇や地位において安心出来ない。

↑図11

・赤色が現れる時は、身の上に関わる災いがある。また、常に赤色がある人は、自分から身の上の災いを起こす。
・黒色が現れる時は、身の上に失敗がある。また、常に黒色がある人は、損失が多い。
・黄色、紅色、美色の三色が現れる時は、身の上に悦び事がある。つまり、その当時は安心である。 

《妻妾の官は、妻や恋人の事を観る(図12参照)》

・青色、白色、紫色の三色が現れる時は、妻か恋人に関する愁い事がある。あるいは、恋人に関する辛労がある。

↑図12

・赤色が現れる時は、妻か恋人に関する災いがある。
・黒色が現れる時は、妻あるいは恋人との別離がある。または、恋人に関する損失がある。
・黄色、紅色、美色の三色が現れる時は、妻による悦び事がある。あるいは、恋人に関する善事がある。 

《男女の官は、子孫や目下の事を観る(図13参照)》

・青色、白色、紫色の三色が現れる時は、子孫や目下に関する愁い事がある。あるいは、目下に関する辛労がある。

↑図13

・赤色が現れる時は、子孫あるいは目下に関する難事がある。
・黒色が現れる時は、子孫あるいは目下との別離がある。あるいは、子孫や目下に関する損失がある。
・黄色、紅色、美色の三色が現れる時は、子孫あるいは目下に関する悦び事がある。 

《顴骨の官は、世間または他人の事を観る(図14参照)》

・青色、白色、紫色の三色が現れる時は、他人に関する愁い事がある。または、他人の辛労を自分が代わって受ける。

↑図14

・赤色が現れる時は、世間から災いを受ける。あるいは、他人の災いが自分に降りかかると判断しなさい。
・黒色が現れる時は、世間との障害が起こり(世間が塞がって)、その活路を失う。必ず失敗がある。
・黄色、紅色、美色の三色が現れる時は、世間に曇りがないに等しく、他人からの評判も良い。自然と人気が集まる。 

《奸門の官は、陰の女(≒愛人、不倫相手、浮気相手)の事を観る(図15参照)》

・青色、白色、紫色の三色が現れる時は、陰の女に関しての辛労がある。あるいは、女に恨(うら)まれている。

↑図15

・赤色が現れる時は、陰の女からの災いがある。
・黒色が現れる時は、陰の女との別離がある。あるいは、陰の女に関する損失がある。
・黄色、紅色、美色の三色が現れる時は、陰の女に関する悦び事がある。
*妻妾の官も奸門の官も、ともに恋愛対象にある人物の事を観る。しかし、顔の正面は陽面(陽の当たる部位)であり、より正中に近い部分の妻妾の官は正妻や恋人(後ろめたさのない付き合い)の事を観る。逆に、顔の横から後ろに向かう面は陰面(陰になる部位)であり、陰の事、つまりは隠している、または隠れている事柄などを観る。ゆえに、奸門の官では公に出来ない愛人や不倫相手、浮気相手(後ろめたさのある付き合い)の事を観るのである。 

《食禄の官は、その当時の家督の吉凶を観る(図16参照)》

・青色、白色、紫色の三色が現れる時は、家督に関する辛労がある。あるいは、家督が衰える。

↑図16

・赤色が現れる時は、家督に関する災いがある。あるいは、家督に災いが出てくる事がある。
・黒色が現れる時は、家督と縁が切れるか、あるいは家督に関する損失がある。
・黄色、紅色、美色の三色が現れる時は、家督に関する悦び事がある。何れにしても、家督の善事がある。 

《法令の官は、その当時の家業(≒職業)の吉凶を観る(図17参照)》

・青色、白色、紫色の三色が現れる時は、家業に関する辛労がある。あるいは、家業の衰えがある。

↑図17

・赤色が現れる時は、その当時は家業に災いがある。
・黒色が現れる時は、家業から離れる(=離職する)か、あるいは家業に関する損失がある、と判断する。
・黄色、紅色、美色の三色が現れる時は、家業に関する悦び事がある。あるいは、家業が繁盛している。 

《承漿の官は、薬違い、食中り(=食中毒)を観る(図18参照)》

・青色、白色、紫色の三色が現れる時は、食中りがある。病人は薬が合っていない。

↑図18

・赤色が現れる時は、食に関する災いがある。つまり、食い合わせが悪い。病人は薬が合っていない。
・黒色が現れる時は、食事する事が出来ない。病人は死ぬ。常人は毒を食らって死ぬ。
・黄色、紅色、美色の三色が現れる時は、病人は食欲が回復する。常人は珍味を満喫する。
*承漿の官…経穴(=ツボ)の「承漿」よりも少し上に位置する。下唇の直下。漢方においては、瞑眩なのか否か(薬が合ってるか否か)を見分けるのが困難なのである云々、などと長年真剣に議論されているが、人相術を会得すれば簡単かもしれない。つまり、承漿の官を観るのである。 

《地閣の官は、家の事を観る(図19参照)》

・青色、白色、紫色の三色が現れる時は、家に関する辛労がある。または、家庭内に愁い事がある。

↑図19

・赤色が現れる時は、家に関する災いがある。あるいは、家庭内に災いがある。
・黒色が現れる時は、家から離れるか、あるいは家による損失がある、と観る。
・黄色、紅色、美色の三色が現れる時は、家に関する悦び事がある。あるいは、家庭内に善事がある。 

《奴僕の官は、家来または目下(≒部下)の事を観る(図20参照)》

・青色、白色、紫色の三色が現れる時は、家来や目下に関する愁い事がある。あるいは、目下に関する辛労がある。

↑図20

・赤色が現れる時は、家来や目下に関する災いがある。
・黒色が現れる時は、家来や目下との離別があるか、あるいは、家来や目下に関する損失がある。
・黄色、紅色、美色の三色が現れる時は、家来や目下に関する悦び事がある。
 
以上の血色は、百六十八種類ある。また、潤いの有無を含めば三百三十六種類ある。以上に記した事は「八色一口(はっしょくいっこう)の伝」と言い、血色は縦横に走る、という部分が第一の要である。まずは穴所を知り、次に穴所が司る意味を理解し、そして八色を知り、八色が司る意味を理解し、最期に潤いの有無を理解するのである。そうすれば、面部における三百三十六種類の血色が縦横に走るその意味を、自然と理解する事が出来る。しかし、実践が足らぬ者では、青黄赤白黒紫美紅(せいこうしゃくびゃくこくしびこう)の八色を観分け難い。ゆえに、修行が足らぬ輩(ともがら)は以上の八色を用いず、善悪の血色のみ用いて、その吉凶を判断すべきである。 

《七穴(ななけつ)の図(図21参照)》

・官禄(かんろく)の官

↑図21

官禄の官は、その当時の吉凶を観る。
 
・神光(しんこう)の官
神光の官は、神仏を祈っているか否かを観る。
*いわば「信仰の官」である。信仰心が篤いか否か、信仰している対象が正か邪か、などを観る。何かに憑依されている者、邪教に走っている輩は、神光の官の血色が悪い。良い神仏に縁があり、信仰心が篤い者は、神光の官が自ずと美しい。
 
・駅馬(えきば)の官
駅馬の官は家(≒住居)の建築工事や、住居の移転について観る。
 
・印堂(いんどう)の官
印堂の官は、望み事が叶うか否かを観る。
 
・家続(かぞく)の官、魚尾(ぎょび)の官
家続の官、魚尾の官は、その当時の心気の吉凶を観る。
*「家族」ではない。
 
・右身左身(うしんさしん)の官
右身左身の官は、盗難または失せ物(≒紛失物)について観る。
 
以上の七穴は、この巻においては青黄赤白黒紫美紅の八色は用いない。ただ、善し悪しの血色のみを用いてその吉凶を判断しなさい。以上の穴所は合わせて二十八穴ある。善悪の血色を用いた判断法を、次項で論ずる。 

《天中、天陽、高広の官は、思わぬ吉凶を観る(図22参照)》

・良い色が現れる時は、思わぬ善事が来る。

↑図22

・悪い色が現れる時は、思わぬ悪事が来る。 

《主骨の官は、主人や目上の事を観る(図23参照)》

・良い色が現れる時は、主人か目上に関する善事がある。あるいは、目上からの善事が自分に来る。

↑図23

・悪い色が現れる時は、主人か目上に関する悪事がある。あるいは、目上からの悪事が自分に来る、と判断する。 

《日月の官は、父母や目上の事を観る(図24参照)》

・良い色が現れる時は、親か目上に関する悦び事がある。あるいは、自分の頼りになる親か目上がいる。

↑図24

・悪い色が現れる時は、親か目上に関する悪事がある。または、目上に関する悪事が自分に来る。 

《兄弟の官は、親族(≒身内)の事を観る(図25参照)》

・良い色が現れる時は、親族に関する悦び事がある。または、良い親族がいて、常にその助けを受ける。

↑図25

・悪い色が現れる時は、親族に関する悪事がある。または、親族の悪事が自分に来る。 

《諸友の官は、友人に起こる吉凶を観る(図26参照)》

・良い色が現れる時は、友人に関する悦び事がある。または、友人から自分に善事が来る。

↑図26

・悪い色が現れる時は、友人に関する悪事がある。または、友人の悪事が自分に来る。 

《山林の官は、先祖から譲り受けた家督(≒財産)の盛衰を観る(図27参照)》

・良い色が現れる時は、家督が盛んである、と観る。

↑図27

・悪い色が現れる時は、家督に衰えがある、と観る。 

《福堂の官は、金銭の事を観る(図28参照)》

・良い色が現れる時は、金銭に関する悦び事がある。つまり、金銭を得る(≒臨時収入がある)。

↑図28

・悪い色が現れる時は、金銭に関する辛労がある。あるいは、金銭の損失がある、と観る。 

《辺地の官は、旅行(≒遠くへ行く、出張など)の吉凶や、遠方との取引(≒通販、駆引きなど)の吉凶を観る(図29参照)》

・良い色が現れる時は、旅行の途中や旅行先で善事がある。または、遠方との取引で必ず利益が出る。

↑図29

・悪い色が現れる時は、旅行の途中や旅行先で悪事がある。または、遠方との取引は大凶で、必ず利益が出ない。 

《土星の官は自分自身の体に対応しており、己の吉凶を観る(図30参照)》

・良い色が現れる時は、その当時は境遇が良く、障害がない。

↑図30

・悪い色が現れる時は、その当時は身の上の辛労がある。つまり、境遇が悪く、安堵(あんど)出来ない。 

《命宮の官は、病の有無や、家の事を観る(図31参照)》

・良い色が現れる時は、病人は快方に向かう。常人は家あるいは家庭内に関する善事がある。

↑図31

・悪い色が現れる時は、病気になる。または、家あるいは家庭内に関する辛労がある。 

《妻妾の官は、妻や恋人の事を観る(図32参照)》

・良い色が現れる時は、妻に関する悦び事がある。何れにしても、恋人に関する悦び事がある。

↑図32(○の部分が妻妾の官)

・悪い色が現れる時は、妻あるいは恋人に関する辛労がある。総じて、恋人に関する事は良くない。 

《男女の官は、子孫または目下の事を観る(図33参照)》

・良い色が現れる時は、子孫や目下に関する悦び事がある。

↑図33

・悪い色が現れる時は、子孫あるいは目下に関する辛労がある。 

《顴骨の官は、世間または他人の事を観る(図34参照)》

・良い色が現れる時は、世間からの評判が良く、自然と人気が集まる。

↑図34

・悪い色が現れる時は、世間との障害が起こり、評判が良くない。 

《奸門の官は、陰の女(≒愛人、不倫相手、浮気相手)の事を観る(図35参照)》

・良い色が現れる時は、陰の女に関する悦び事がある。

↑図35

・悪い色が現れる時は、陰の女に関する辛労がある。 

《食禄の官は、その当時の家督(≒食、職、食い扶持、財産)の吉凶を観る(図36参照)》

・良い色が現れる時は、家督に関する悦び事がある。あるいは、家督が盛んである、と観る。

↑図36

・悪い色が現れる時は、家督に関する辛労がある。あるいは、家督に衰えがある、と観る。 

《法令の官は、その当時の家業(≒職業)の吉凶を観る(図37参照)》

・良い色が現れる時は、その当時は家業が繁盛している(=仕事が順調である)。あるいは、家業に関する悦び事がある。

↑図37

・悪い色が現れる時は、その当時は家業に関する辛労がある。あるいは、家業の衰えがある。 

《承漿の官は、薬違い(≒飲み薬が合ってない)、または食中り(≒食中毒)を観る(図38参照)》

・良い色が現れる時は、病人は食欲が回復し、常人は珍味(原文は「珍物」、普段口に出来ない贅沢品など)を満喫する(満足するまで喫[くら]う)。

↑図38

・悪い色が現れる時は、食中り(≒食中毒)がある。または、病人は薬違いがある。 

《地閣の官は、住居の事を観る(図39参照)》

・良い色が現れる時は、住居に関する悦び事がある。あるいは、家庭内に関する悦び事がある、と観る。

↑図39

・悪い色が現れる時は、住居に関する辛労がある。あるいは、家庭内に関する辛労がある、と観る。 

《奴僕の官は、家来または目下(≒部下)の事を観る(図40参照)》

・良い色が現れる時は、家来や目下に関する悦び事がある。あるいは、良い(≒助力してくれる)目下がいる、と観る。

↑図40

・悪い色が現れる時は、家来や目下に関する辛労がある。または、良い家来(≒部下)がいない。 

《神光の官は、神仏を祈っているか否かを観る(図41参照)》

・良い色が現れる時は、信仰心がある。また、神仏に祈る(=感謝する)事で御利益がある、と観る。

↑図41

・悪い色が現れる時は、、不信心(ふしんじん)である。 

《官禄の官は、その当時の吉凶を観る(図42参照)》

・良い色が現れる時は、その当時は良い。諸事が順調である。

↑図42

・悪い色が現れる時は、その当時は良くない。辛労が多い。 

《印堂の官は、望み事が叶うか否かを観る(図43参照)》

・良い色が現れる時は、望み事が成就する。なお、悪色が混ざっていないかどうかをよく観なさい。

↑図43

・悪い色が現れる時は、望み事は一つとして叶い難い。 

《駅馬の官は、住居の建築工事や、住居の移転について観る。(図44参照)》

・良い色が現れる時は、(嬉しい)住居の工事(≒増築、改装、リフォーム)がある。あるいは、(嬉しい)引っ越しがある。

↑図44

・悪い色が現れる時は、住居の損害がある。あるいは、住居に関する辛労がある。 

《魚尾、家続の官は、その当時の心気の吉凶を観る(図45参照)》

・良い色が現れる時は、その当時は心気が健やかで、強い。

↑図45

・悪い色が現れる時は、心気の衰えがある。
*家続の官は、別名田宅とも呼ぶ。左右の上まぶたの部分にあたる。 

《右身左身の官は、盗難や失せ物(=紛失物)の事を観る(図46参照)》

・良い色が現れる時は、盗難や紛失があったとしても、それらは再び手元に戻る。

↑図46

・悪い色が現れる時は、盗難や紛失がある。 

《追記》

一 男女の官に黒色がある時は、子孫や目下との離別がある、と言う。しかし、常に眼の下が黒い者は考慮しない。曇りがない中、黒い色が幽かに現れるものを考慮する。
 
一 顴骨に赤色がある時は、世間や他人からの災いが自分に来る、と言う。しかし、常に顴骨が赤い者は考慮しない。針の先で突いたような赤色を考慮する。だが、赤点が多くある場合は考慮しない。ただ一つだけある場合のみ考慮する。必ず吹き出物とは限らない。
 
一 奸門の官に赤色がある時は、陰の女に関する災いがある、と言う。しかし、常に奸門が赤い者は考慮しない。この事は後篇巻ノ一に記した。
 
一 承漿の官に赤色がある時は、食い合わせが悪かった(≒食中毒)か、薬が合っていない、と言う。しかし、脾の臓に熱がある時は、この場所が赤くなる事がある。この事を心得て観なさい。
 
一 妻妾の官に悪い色が現れる時は、付き合っている女についての辛労がある。しかし、結婚して長い者は、自然と妻妾の官の血色が悪く観える。この事を心得て観なさい。
 
一 神光の官に良い色がある時は、信仰心のある人である。しかし、常に額の左右が黒い者においては心得ておかねばならない。つまり、信仰心が強ければ、その黒き色の中に、自然と良い色が現れている。
 
一 駅馬の官に黒色がある時は、家の破損がある。しかし、常に駅馬の官が赤い者、または黒い者は考慮しない。この事は後篇巻ノ一に記した。
 
一 奸門の官に良い色がある時は、陰の女に関する悦び事がある。しかし、総じて色情の事は陽気(=能動的かつ嬉しい事、欲望を満たす事)であり、楽しんで交わる。ゆえに、色難の相であっても、自然と潤(うる)わしく、美色を生じる。この事を心得て観相しなさい。
 
一 土星の官に赤色がある時は、身の上に関わる災いがある。しかし、俗に言う石榴鼻(ざくろばな、原文は「赤瘤鼻」。「酒皶(しゅさ)」も同様。)で、常に鼻が赤い者は考慮しない。以上に述べた赤色とは、粟粒あるいは麦粒くらいの大きさの赤点の事を言う。赤点は必ずしも、吹き出物とは限らない。赤点が数多くある場合は考慮しない。ただ一つだけある場合のみ考慮する。 

《血色の出生を論ずる》

血色は全て五臓から生ずる。例えば、肝気が健やかである時は青色に潤いを生じ、逆に衰えている時は潤いを失う。脾気が健やかである時は黄色に潤いを生じ、逆に衰えている時は潤いを失う。肺気が健やかである時は白色に潤いを生じ、逆に衰えている時は潤いを失う。黒色は腎気から生ずるとは言っても、腎気が健やかである時は、面部(≒顔一面)に潤色が現れる。これはつまり、腎、命門、陰火による潤いである。逆に腎気が衰える時は、自然と命門の火勢が強まり、面部に火のような赤色が現れる。さらに、腎が死なんとする時は、その赤色が黒色に変化する。ゆえに黒色は、腎気が健やかな時に生ずる良色ではなく、大いに悪色なのである。黒色は、「亡(ほろ)びて元に帰る」の色である。例えば、万物がこの世界に終わりを告げて無に帰る時は、変じて黒色となるものである。ゆえに、黒色は万色の終わりと判断しなさい。赤色は心気から生ずるが、赤色には種類が多い。例えば、心気が健やかな時に生じる赤色は薄紅色のようであり、自然と潤いを含んでいる。これを「心悦(しんえつ)の赤色」と言い、紅色(こうしょく)と名付ける。逆に、心気が衰える時は、自然と陰火が高ぶる。よって、火のような赤色が現れる。これを「災いの赤色」と言う。心と腎が健やかである時は、面部に紅潤(こうじゅん)色が現れる。つまり、紅色は心の色、潤色は腎による潤いで、これを美色(びしょく)と名付ける。紫色(ししょく)は心と肝により生ずる(→心の赤色と肝の青色が混じった色)。また、紫色は心と腎(赤色+黒色)によっても生じる。しかし、この場合は、心、肝、腎が健やかゆえに紫色が生ずるのではなく、心と肝の気が衰えるゆえに紫色を生ずるのである。また、心と腎の気が衰えた時も紫色を生ずる。例えば、横死する時は、心と肝の気が大いに窮(きゅう)してから死ぬ。ゆえに、唇に紫色を生ずるのである。また、毒を食せば、心と腎の気が大いに窮してから死ぬ。ゆえに、唇に紫色を生ずる。よって、紫色は良くない色である。人は陰陽、血脈から成っているため、少し赤く、潤いがあるものを人体の常とする。陽気が衰える時は赤色を失い、陰気が衰える時は潤色を失う。ゆえに、人は陰陽の交代(≒循環)が良いものを吉とする。つまり、陰陽の交代が良い時は、自然と五臓六腑も完全である。ゆえに、身体は健やかで、常に潤色を生じている。潤色とは、つまりは血脈五気の潤いである。
 
古書には以下のように記されている。「青色は春に対応する。ゆえに、春の面色(=顔色)は青いものを吉とする。赤色は夏に対応する。ゆえに、夏の面色は赤いものを吉とする。白色は秋に対応する。ゆえに、秋の面色は白いものを吉とする。黒色は冬に対応する。ゆえに、冬の面色は黒いものを吉とする。しかし、これらは君子(≒徳のある人、天皇)に現れる血色である。常人(≒凡人)に現れるものではない。君子は天地(の道理)に順(したが)っており、曲がる(≒偏る)事はない。つまり、君子は天地同体の人である。天地と同体であるがゆえに、四季に応じた血色が自然と現れるのである。よって、天地の吉凶は君子の血色に現れるのである。愚者は、人が天地同体である事を知らぬがゆえに、天(≒神仏、先祖)を恨(うら)む。よって、愚者には、四季に応じた血色や気色が現れる事はない。」また、このようにも記されている。「血色は二種類ある。一つは、法性(ほっしょう、≒真如)の心気から、時候の(=その季節に順じた)気色として生じる血色である。つまり、その時が来れば血色として現れるもので、天時(≒天に応じた)の血色と言い、自ずと完全な血色であり、まずは君子に現れる血色である。もう一つは、己から生じる血色である。これはすなわち、我慾(がよく)の血色であり、自ずと烈しい(≒鋭い)血色である。」以上の事を常に心得た上で、観相すべきである。
 

南北相法後篇巻ノ三 終
 
 
Copyright © 2015 Tokyo Tsubame Shinkyu. All rights reserved.