f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210225124815p:plain

 

52.大衆は大幅自粛、テレビは通常営業

メディアでは、専門家でない人間が専門家であるかのように提言することがよくある。この場合の人選は、専門家であるかどうかは関係なく、大衆への影響力があるかどうかや、裏のコネクションの如何によって決定されるようだ。そのため、このような人物はメディアが世論誘導のために利用しているだけの可能性が高く、提言する内容は真実では無いことが多い。 実際に、学校での行事や、国民の合唱会やマラソン大会、運動会の類は強制自粛であったのに、紅白も、FNS歌謡祭も、24時間テレビのマラソンも、駅伝も、料理番組も、マスク無しで通常営業であった。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210405141221p:plain

www.asahi.com

 

さらに、アメリカの感染症学会や、世界32カ国の感染症専門家239人らが、新コロは「エアロゾルで数十メートル先まで空気中を浮遊し、濃厚接触しなくとも感染するリスクがある」という報告書を公開しているにも関わらず、各都道府県の知事が「マスク装着を徹底しましょう」と、マスクなしで喧伝している姿には明らかな矛盾がある。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210405145605p:plain

ちなみに、政治家もマスクが不要なことを知っているようだ。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210221184306p:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210425152741p:plain

www.nikkei.com

www.clinicfor.life

www.asahi.com

www.tokyoheadline.com

www.iza.ne.jp

www.yomiuri.co.jp

www.chibanippo.co.jpwww.sankei.com

www.nikkei.com

mainichi.jp

www.asahi.com

53.時短営業に科学的な根拠はない

営業時間を20時までにすると、より混雑してクラスターが起こりそうだが、政府は利用人数の制限は行わず、科学的なエビデンス無しに飲食店の時短営業を強制している。ほとんどの飲食店でクラスターは発生しておらず、中小企業潰しによる土地の買収・再開発や、企業の再編成、新コロ詐欺を隠蔽するための集会の制限などを当面の目的としていると推察される。ちなみに東京都では、東京都中小企業振興公社が「企業再編促進支援事業」として、国内譲受事業者とのM&Aマッチングの支援を斡旋している。

www.tokyo-kosha.or.jp

 

54.高級官僚、ビジネス関係者らは隔離免除

各国首脳や大統領、外務大臣、ビジネス関係者、中国・韓国・ベトナムなど11ヶ国から来日する出張者や技能実習生、留学生は、緊急事態宣言中も、空港での2週間の隔離を免除されている。新コロは忖度できる賢いウイルスなのだろうか。新コロ発生当初は、最も感染リスクが高そうな満員電車も公共バスでも、窓を開けていなかった。現在でも、彼らが空港での2週間の隔離を免除されたり、公共交通機関でクラスターが発生したりしないのは、それらが経済活動を支える社会インフラとなっているからであり、生産基盤へ影響を与えるような場所では、クラスターは起こらないのである。クラスターはPCRのCt値を巧みに利用して、偽装されていたと考えるのが自然である。

www3.nhk.or.jp

www.sankeibiz.jp

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210224192937p:plain

www.youtube.com

 

55.メディアは新コロ詐欺を知っている

知らぬは視聴者のみである。コ〇ナ脳な人々は、各メディアが平然と嘘をついていることに全く気が付いていない。例えば、某メディアでは、過去にガス漏れで卒倒した婦人の写真を流用し、「インドでは新コロ悪化で道行く人々が死んでいる」と大嘘をついていた。新コロ詐欺では、このようなフェイクニュースが毎日のように報道されている。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210502162005p:plain

 

また、ある報道では、女性が2本指で重そうな遺体を軽々と運んでいたり、

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210224085951p:plain

大衆へのマスク強制を煽っているかのようなクライシスアクターがいたり、

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210509102122p:plain

 

あらゆるコ〇ナ脳を演じるクライシスアクターがいたり、

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210509102652p:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210509102639p:plain

 

マネキンをお見舞いする某首相がいたり、

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210502163155p:plain

 

仰臥位で安静にしていなければならないはずの重症新コロ患者が、テーブルに沢山の飲み物を置いた状態かつ伏臥位でマッサージを受けていたり、

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210528230255p:plain

 

マネキンに人工呼吸器を装着する医師がいたり、

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210220094151p:plain

 

カメラマンが防護服を着ていなかったり、枚挙にいとまがない。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210217151914j:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210217151931j:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210217151955j:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210217151942j:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210217152257p:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210225104342p:plain

kogusoku.com

56.新コロの設定がコロコロ変わる

新コロは当初、中国や欧米では角膜からでも1秒で感染する強毒ウイルスであるとされていた。それゆえ、空の大きなペットボトルをかぶることが流行った。一方、日本では1%の界面活性剤の噴射で死滅する微弱なウイルスであるとしていたが、いつからか殺人ウイルスであると報じられるようになった。新コロという名のとおり、設定もコロコロ変わる。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210217152213p:plain

画像

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210224193815j:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210224231310p:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210302092652p:plain

57.なぜに1類に指定しないのか?

そもそも、世界中で新生活様式への移行を叫び、マスク・消毒・テレワーク・ロックダウン・枠賃接種を強制する必要があるほど本当に危険なウイルスであれば、問答無用で1類にすべきである。では、なぜに新コロを1類にしないのか?おそらく、1類の場合は現場の感染症対策や衛生管理がかなり面倒なことになり、すべての人がダスティン・ホフマン主演の映画『アウトブレイク』のように、防護服を装着しなければならないレベルになってしまうからだろう。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210425152656p:plain

 

それに、5類ではパンチが無さすぎるし、1類でアソウのような無意味な鼻出しマスクやマスクシールドを許容したら、大衆からウイルスの存在そのものを疑われる可能性がある。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210425152741p:plain

 

また、適当にマスクを強制することで、マスクは存在しない新コロのアイコンとなり、マスクを装着している人を見れば、あたかもそこに新コロが存在するかのように大衆に錯覚させることが可能となる。さらに、2類は強制入院が可能であり、それほど大げさな感染症対策を講じずとも大衆に疑われることがないし、最も都合が良いのだろう。

www.nikkei.com

 

58.未だかつてない言論統制

2020年末から、メディアとSNSで、新コロや枠珍関係の真実を「デマ」であるとして、かつてないほどの言論統制が始まった。ツ〇ッターでは不都合な事実をリツイートできないように制限したり、フォローを勝手に外したり、規約違反でないにも関わらず、勝手にアカウントを停止する暴挙に出た。〇oogleやYou〇ubeにおいても、真実は「デマ」として検閲対象となり、検索対象から外されたり、動画を削除されるようになったため、隠語を使わなければならぬようになった。最近は画像に記された文字でさえ、検閲対象になっているという話もある。まるで戦前の特高警察による言論統制を彷彿とさせるファシズムであり、自ずと新コロ詐欺が黒であると証明しているようなものであるが、コ〇ナ脳は検閲自体が陰謀であると、未だに信じて疑わないらしい。

 

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210224214523p:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210224222308p:plain

 

59.新コロは賢愚のスクリーニングに役立つ

散在した情報をかき集め、精査・推理し、真相を導き出すことができた人はあまりにも少ない。今回の新コロ詐欺は、賢者と愚者を見事に二分した。自分で調べることさえせず、思考せず、常に他人に答えを求めているような人は、一生真相に気が付かず、「コ〇ナ脳(BD層)」から抜け出すことはできないだろう。

 

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210224172728p:plain

 

60.デジタル証明書の普及で新コロ収束?

新コロはデジタル証明書(ワクチン接種証明書)、Common Pass(Green Card)の普及によって一旦収束するだろう。当面は紙媒体を用いるか、スマホへの搭載となり、2030年までにはマイクロニードルとルシフェラーゼを用いたデジタルタトゥーやマイクロチップの埋め込みが義務化され、それらがID(個人証明)となるかもしれない。

www.watch.impress.co.jp

jp.reuters.com

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210217152330j:plain

 

61.コ〇ナ脳を待ち受ける「ディストピア」

新コロは「ディストピア」を構築するための道具に過ぎない。「グレートリセット」を「新生活様式」と言い、「超監視社会」を「スーパーシティ」と言い、「ディストピア」を「風の時代」と言い換え、真相をひた隠しにする。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210224170254p:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210224170629p:plain

 

世界経済フォーラム(WEF)は2030 Agenda(SDGs) に関連して、2017年の『Welcome to the year 2030.  I own nothing, have no privacy, and life has never been better(2030年へようこそ。私は何も持っていないわ。自分の自由はないけれど、ここでの生活は今までにないくらい素晴らしいわ)』と題された記事に、こんな話を書いている。

 

My biggest concern is all the people who do not live in our city.Those who got upset with the political system and turned against it. They live different kind of lives outside of the city. Some have formed little self-supplying communities. Others just stayed in the empty and abandoned houses in small 19th century villages.

「私の一番の心配事は、私たちの街に住めなくなった人々のことなの。政治システムに反旗を翻し、法を犯した人は(街を追い出され)、郊外の異なる場所で生活することになるみたい。ある人は自給自足のコミュニティを形成し、ある人は19世紀のような寂れた集落で空腹のまま、帰る場所もなく、生きているらしいの」

www.weforum.org

 

「人体にRFIDチップを入れるなんて無理に決まってるだろう!」という、頭の中が大変なお花畑な人々は、以下の動画をどうぞ。

www.youtube.com

 

日立は今から15年ほど前に、すでに0.05mm角のRFIDチップの開発に成功している。当時の技術で、チップに38桁の番号を搭載できたらしい。現在の技術革新はさぞやと想像される。

www.hitachi.co.jp

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210225120807p:plain

 

マイクロチップはすでに1990年代から各国で人体への埋め込みが始まっているが、日本でも2022年までにペット(犬猫)への埋め込み義務化が決まっている。

 

マイクロチップの埋め込みを推進している、ホルスの目らしきロゴが露骨なスウェーデンのBioNyfikenの社長は、「2025年までには、すべての人がマイクロチップを埋め込むことになるだろう」と予言(予告)しているそうだ。

 

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210225121125p:plain

singularityhub.com

www.youtube.com

 

これらの技術は、Mr.Microsoftが推進しているID2020や、WEFが掲げる2030 Agenda(SDGs) とも密接に関わっているだろう。

id2020.org

 

実際に、かなり早いスピードで給与のデジタル支払いが制度化され、デジタル通貨への移行が開始されつつある。

news.yahoo.co.jp

www.youtube.com

 

新コロ詐欺によって発行された枠賃接種証明書は、いずれマイクロチップ入りのデジタルIDとなるだろう。そして、紙幣が廃止され、世界統一デジタル通貨が実現した暁には、給与の支払いも商品の売買も、すべてデジタル化され、デジタルIDがなければ給与をもらえず、経済活動からはじかれ、社会活動を営むことができなくなるかもしれない。

weekly-economist.mainichi.jp

 

これまで、一部の賢者たちが、再三にわたって警告してきた「陰謀」が、次々と現実化している。近い将来、BD層の人々が、「陰謀」が真実であったことに気が付き、深く後悔したとしても、もはや手遅れになっているかもしれない。

www.nikkei.com

 

Mr.Microsoftがこれまで関わってきた事業をトレースしてみると、Microsoftの「micro」はマイクロチップの意味であるように思われる。そう考えると、彼の最終的な仕事は、全人類にマイクロチップを埋め込むことなのであろうと推察される。

japan.zdnet.com

www.nikkei.com

 

今まさに、ヨハネの黙示録13章(Revelation 13)に記されている「The first beast」が、刻々と迫ってきている。

*当院院長は完全無所属・無宗教です。

 

The First Beast(付録)

英訳:16 It also forced all people, great and small, rich and poor, free and slave, to receive a mark on their right hands or on their foreheads, 17 so that they could not buy or sell unless they had the mark, which is the name of the beast or the number of its name.18 This calls for wisdom. Let the person who has insight calculate the number of the beast, for it is the number of a man.That number is 666.

和訳:16大きい者にも小さい者にも、富める者にも貧しい者にも、自由人にも奴隷にも、彼らの右手または額に、その刻印はすべての人に強制された17そのため、人々は、獣の名または獣の名の数字の刻印を持っていない限り、買うことも売ることもできなかった18ここには知恵が必要である。知恵がある者はその獣の数字を数えてみるがよい。それは獣の代理人に与えられた数字である。その数字は666である。)

 

www.biblegateway.com

www.youtube.com

 

 

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

 

「急性腰痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zl1/

「慢性腰痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zk1/

「不眠症と鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/humin-2/

「偏頭痛と顎関節症の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu1/

「偏頭痛の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu2/

「緊張型頭痛(筋緊張/収縮性/緊張性頭痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu3/

「群発性頭痛(群発頭痛/ヒスタミン頭痛/ホートン頭痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu4/

「眼精疲労(目の疲れ、眼の奥の痛み、閃輝暗点)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu5/

「ドライアイ(涙液分泌不全)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu6/

「アフタ性口内炎の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu7/

「めまい(眩暈)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z8/

「耳鳴りの鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z9/

「難聴の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z10/

「メニエール病の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z11/

「突発性難聴の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z12/

「鼻炎の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z13/

「三叉神経障害(三叉神経痛、顔の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z15/

「顔面神経麻痺(ベル麻痺、まぶたの痙攣)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z16/

「頚肩腕症候群(変形性頚椎症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z18/

「肩凝り(肩こり、肩コリ、肩甲骨間痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zz19/

「肩関節周囲炎(五十肩、インピジメント症候群、腋の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zz20/

「背中の痛み(脊椎痛、肩甲骨間痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj21/

「肋間神経痛(帯状疱疹、ヘルペス、胸の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj22/

「乳腺炎(胸の張り、胸の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj23/

「手首痛(スマホ腱鞘炎、ドケルバン病、リウマチ性関節炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj25/

「肘痛(野球肘、テニス肘、ゴルフ肘、上腕骨上顆炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj25-2/

「突き指(指の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj26/

「股関節痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zl2/

「第三腰椎横突起症候群の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zl3/

「腰痛(坐骨神経痛、腸腰筋炎、股関節痛、恥骨結合炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/za2/

「椎間板ヘルニアの鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xs1/

「脊椎すべり症(腰椎すべり症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xd1/

「脊椎分離症(腰椎分離症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xd2/

「坐骨神経痛(梨状筋症候群、臀部の痛み、尻の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/vrf1/

「オスグッド・シュラッター病(成長痛、膝の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/nn1/

「下肢痛(脚の痛み、大腿しびれ、太ももの痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/mm1/

「腓腹筋痙攣(こむら返り、脚のひきつり)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/bg1/

「脛骨過労性骨障害(シンスプリント、すねの痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/nh3/

「筋挫傷(肉離れ、筋膜リリース、こむら返り、腱の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/vf1/

「ジャンパー膝(シンディング・ラーセン・ヨハンソン病)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/jj1/

「下肢痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/mh1/

「アキレス腱痛(アキレス腱周囲炎、かかと痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/njf1/

「捻挫(内外踝痛、くるぶし付近の痛み、ねんざ、腓骨筋痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/mjh1/

「足底腱膜炎(かかと痛、足底痛、足裏痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/frt1/

「月経困難症(月経痛、生理痛、下腹部痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lfd2/

「月経不順(無月経、生理不順、不妊症、早発閉経)」→https://tokyo-tsubame89.com/wow1/

「月経前症候群(PMS)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/wo2/

「更年期障害(更年期症候群、ホットフラッシュ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/hge1/

「子宮筋腫(下腹部痛、下腹部の冷え)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/hye1/

「子宮内膜症(異所子宮内膜増殖症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/tth2/

「冷え性(脚の冷え、手足の冷え、基礎体温が低い)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/yyh1/

「仙腸関節障害(恥骨結合炎、腰痛、鼠径部痛、仙骨痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/ugi1/

「しゃっくり(吃逆、横隔膜痙攣、のぼせ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/kao1/

「慢性胃炎(胃痛、萎縮性胃炎、胃酸過多、ストレス性胃炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/jj1-2/

「過敏性腸症候群の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lk2h/

「クローン病の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/cr3/

「潰瘍性大腸炎の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/674gh/

「不定愁訴症候群(自律神経失調症、倦怠感)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/qi12/

「不眠症(睡眠障害、入眠障害、イライラ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/681yt/

「変形性関節症(変形性股関節症、変形性膝関節症、棚障害)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lhk2/

「リウマチ性疾患(膠原病、全身性エリテマトーデス)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/yak1/

「無汗症(特発性後天性全身性無汗症、AIGA、無発汗症)」→https://tokyo-tsubame89.com/aiga/

「顎関節症(顎のクリック音、歯ぎしり、顎の歪み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z14/

「頚椎症(ストレートネック、鞭打ち、寝違え、首痛、首コリ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z17/

「腱鞘炎(手首痛)の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zj24/

「ギックリ痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/za1/