f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210408162540j:plain

巷(ちまた)にあふれている文字や数字には、往々にして、呪術的な意味が隠されていることがある。その類に関する知識や教養があればすぐに見抜けるが、無知であると、脳はそれらを単なる文字と数字の羅列としてしか認識できない。

www.youtube.com

 

例えば、数字の8は、ギリシャ語のウロボロス(ouroboros)の象徴であり、蛇が自らの尻尾を咥えている姿を暗示していることがある。

www.youtube.com

ja.wikipedia.org

 

そのため、特にミトラ教などの系譜に連なる悪魔崇拝では、「8、蛇、龍」を悟り再生、永遠の象徴であるとして、尊ぶことがある。

 

蛇に関連した数字として、「reborn」「rebirth」「RE」「infinity」「eternity」などの英字や、「輪廻」「転生」などの宗教用語、無限大の意味である「」などの記号が意図的に使用されることがある。

 

最近、メディアがSDGsなどを通じて頻繁に使用している「sustainable(持続可能な)」という用語も、ヨハネの黙示録が改竄されていないという前提で考察するならば、「千年王国」を阻止して悪魔崇拝的な世界が永遠に続くことを念じた、呪術的なキーワードであると考えることもできる。

www.gaia.com

 

ちなみに、アルファベットの「N」は、ヒエログリフ(古代エジプト文字)にある蛇の象形(表意)に基づいていると言われていることや、ヘブライ語のnahash(蛇)の頭文字にあたることから、蛇の象徴として暗喩的に使用されることがある。

 

また、Nを反転させた「Z」をNの意味として用いることもある。バベルの塔を建設し、最初に神に反逆した人間であるとされる、ニムロッド(Nimrod)の頭文字もNである。つまり、「N」も「Z」も、蛇またはニムロッドの象徴として、意図的に使用されることがある。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210314114532p:plain

https://www.torahinmyheart.com/v/vspfiles/downloadables/00_Origins_of_the_Aleph-Bet.pdf

https://museum.imj.org.il/en/exhibitions/2016/pharaoh-in-canaan/pdf/alphabet-en.pdf

 

同様に、「A」は雄牛(ox,bull)の頭部の象形であり、ヘブライ語のaleph(ヘブライ語の第1文字)頭文字にあたることや、形状が「△(三角、ピラミッド)」を彷彿とさせることなどから、雄牛(Baal,Satan)の象徴として、暗喩的に使用されることがある。さらに、「A」を2つ並べて「M」を表現したり、「A」を反転させて「V」としたり、反転させた「A」を2つ並べて「W」とすることもある。メディアや街中にあふれる看板のロゴや社名をよく観察すればすぐにわかるが、AはMと同様、特に企業の名称などで不自然に強調して使用されることがある。


以前、某お笑い芸人が使用していた「あいーん」はヘブライ語の「Ayin(eye)」、「ぺ」は「Peh(mouth)=P=6」、某昼番組で観客を巻き込んで行われていた「○○の輪!」は、ハンドサインが「O」の形をしていたことから、ヘブライ語の「O=Ayin(eye)」を暗示していたと推察される。

 

「O」はまた形状が「ring」であるから、ウロボロス(serpent、蛇)や永遠、再生の象徴であると考えることもできる。「V」「OK」「I love you.」のハンドサインなども、そもそもは大昔に考案された、いわゆるコルナサインである。

en.wikipedia.org

 

また、「C」はゲマトリアで3であるため、Cを2つ並べて「CC」として用いたり、「U」をCの代わりとして用いることがある。同様に「F」は6であり、「FFF」と表記すれば、666の意味になる。6や6を反転させた9は、悪魔崇拝の象徴とされることがある。

hypebeast.com

www.cnn.co.jp

 

さらに、「E」「W」「M」は「3」を回転または反転させた形状であるため、3の代わりとして、「E」「W」「M」を用いることがある。「33(CC,EE,WW,MM)」は言わずもがな、アレの象徴である。

 

同様に英大文字の「P」、英小文字の「a」「e」「p」「q」や数字の「9」、平仮名の「の」などを用いて、「PPP」「pep」「bpb」「eee」「apple」「ののの」「999」「969」のように「6」を連想させる数字や文字を組み合わせ、「666」を暗に示すケースも多々ある。また英大文字の「Q」は、「6」の意味として使われることもある。

www.youtube.com

 

「I」はその形状から、オベリスク(obelisk)と同義に使用されることがあるようだ。また、その発音から、「eye(ホルスの目)」の象徴として使用することがある。

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

www.youtube.com

 

例えば、超監視社会に不可欠なインフラとなっているinternetを略して「i」と記すことがあるが、実際には「目=監視する者=監視ツール」などの暗喩として使用されていることがある。

www.youtube.com

 

そもそも、オベリスクの起源は旧約聖書の時代、古代バビロンまでさかのぼる。バベルの塔を建設して神に反逆しようとしたニムロッド(Nimrod)は、神の裁きによって体をバラバラにされたが、男根だけは見つからなかった。

en.wikipedia.org

 

しかし、ニムロッドのmother-wife(母親かつ妻)であったセミラミス(Semiramis) が、ニムロッドの遺体を集めて墓地に埋葬したところ、隣に生えていた樫(かし)の切り株が突如として青々とした大木に成長した。

en.wikipedia.org

 

この奇跡を目の当たりにしたセミラミスは、「樫の木=ニムロッドの復活」である、と考えた。そこでセミラミスは、毎年ニムロッドの誕生日である12月25日になると、「ニムロッドが現れて、樫の木にプレゼントを掛けてくれる」と大衆に訴えた。

 

このセミラミスの一件が、樹木信仰の起源となり、多神教の起源となり、クリスマスの起源となった、と言われている。

 

実際に、クリスマスではニムロッドの復活と永遠を願った、evergreenな(青々とした)モミの木を使用し、オーナメントにはモミの木の頂点に五芒星(ペンタグラム、pentagram、five elements、Classical elements)、リンゴ(蛇が与えた知恵の実の象徴)、ひも状のイルミネーション(蛇の象徴)を用いている。おそらく、緑色が呪術的に使用されることがあるのは、ニムロッドの木がevergreenであることを願ったことに起源があるのかもしれない。

Pin by Pierce Henry on The Middle East, Scripture and Symbology | True  christianity, Satan, Pagan

 *ニムロッド信仰を隠蔽するため、のちに樫は樅(もみ)に変更されたと言われている。

 

ちなみに、悪魔崇拝で度々重要な象徴となる五芒星(ペンタグラム、スター)は、少なくとも4000~5000年前には使用されていたようだ。古代ギリシャでは、拝火信仰に傾倒していたピタゴラスが、五芒星の形状には幾何学的に完全な「A(Nimrod、Baalの象徴)」が5つ含まれるため、完全無欠の象徴として尊んだらしい。のちにピタゴラスの思想はタントラアート(密教芸術)や、初期のヒンドゥー教や仏教に影響を与えたと言われ、実際に密教や陰陽道などには、随所に拝火信仰や五芒星の痕跡がみられる。現在では、「火」や五芒星は悪魔崇拝の象徴とされることがある。

ja.wikipedia.org 

 

中国の五行思想(five elements、Classical elements)は、そもそもは古代バビロンの樹木信仰に起源があると推察される。実際に「木」、「火」、「土」、「金」、「水」の根幹となるものは「木(tree)」であり、「木(tree)」が五行循環の始まりとなり、欧米でfive elementsの「木」を「spirit」と称してるのは、ニムロッドの魂が木に宿っているとする樹木信仰によるものだろう。

The Pentagram and the Magic of Light

pentagramyoga.com

 

つまり、クリスマスはキリストの生誕を祝っているかのように装ったpagan holiday(アンチキリストの祝日)であり、ニムロッドの復活を願った生誕祭である可能性が高い。

The “Nimrod” Tree – “NIMROD” – The LORD of Christmas | Christmas – the Pagan Deception

www.rawgist.com

 

キリストが生まれたのは、羊飼いが外で寝れるほど温かい季節だった、と言われている。もし、クリスマスが本当にキリストの誕生日だったとしても、キリスト教徒にとって最も重要なはずの復活祭(イースター)よりも、クリスマスばかりを大々的に祝うのは不自然である。そもそも、復活祭も、ニューイヤーも、感謝祭も、バレンタインも、ハロウィンも、すべてはバビロンに起源がある主張する人もいる。要するに、これらのイベントは、単なる商業目的だけで始まったわけではない可能性が高い。

Nimrod Biyahu It All Began in Babylon Lent Religions Doctrines of Men  Trinity Thanksgiving Halloween New Years Valentine's Day Christmas Title  Lord Baal Christmas Tree Evergreen the Cross Easter Sunday Worship Communion

www.youtube.com

www.youtube.com

 

また、プレゼントを子供たちに無償で与える怪しげかつ謎の老人サンタ・クロース(Santa Claus)自体が、ニムロッドの化身ではないのかと言われている。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210407173923j:plain

 

Santa(サンタ)はSatan(サタン)の文字を入れ替えたアナグラムであり、Claus(クロース)Chronus(クロノス)、つまりはSāturnus(サートゥルヌス=Saturn=Satan)と同義であると言われている。

ja.wikipedia.org

 

 

さらに、Merry ChristmasのChristmas(キリストの典礼)という文字を、無知な大衆を嘲笑うかのように、Xmasと表記させているのは、『X』が二ムロッドの象徴であるからかもしれない。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210409192219j:plainf:id:tokyotsubamezhenjiu:20210409192533j:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210409192231p:plain

kaleido11.blog.fc2.com

 

サートゥルヌスと言えば、ゴヤの『Saturno devorando a su hijo(我が子を食らうサトゥルヌス)』を真っ先に想起する人も多いだろう。

ja.wikipedia.org

 

クリスマスの日に暖炉にくべられる薪も、サンタの侵入経路である煙突も、ビュッシュ・ド・ノエル (Bûche de Noël)も、ケーキに灯される蝋燭も、すべてニムロッド信仰(樹木・拝火信仰)の象徴なのかもしれない。日本の各地でみられる、御神木や大黒柱、生殖器崇拝なども、古代バビロンを起源とした樹木信仰の一種ではないかと考えられる。

www.youtube.com

 

ちなみに、ニムロッドは太陽神としても崇拝された最初の人間であり、その後、世界各地に現れた太陽神の原型となったのではないか、と言われている。それゆえ、多くの太陽神はニムロッドと同一視すべきである、と主張する人もいる。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210407173851j:plain

 

「G」や「M」は言わずもがなアレの象徴である。「R」はゲマトリアで18であるから、Rを単独かつ強調した用いた場合、「18=666」を暗喩していることがある。

mainichino-kurashi.com

www.youtube.com

 

前述したとおり、「X」や、縦線横線の長さが等しい「十字」は、バベルの塔を建設して神への反逆を企んだ最初の人間である「ニムロッド(Nimrod)」や、「サタン(Satan,baal)」の象徴とされることがある。 10の意味があるギリシャ数字のⅩも同様の意味があるため、「1,2,3,…9,」などのように、わざと10のみをⅩと記す場合は、「X」を呪術的な意味で使用している可能性がある。

www.goodspress.jp

 

同様にVenus(ウェヌス、ヴィーナス)の頭文字である「V」やギリシャ数字の「V」、ハンドサインの「V」も悪魔崇拝のサインとして使用されることがある。

jp.techcrunch.com

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210417162009p:plain

www.youtube.com

www.youtube.com

 

ちなみに、ブルースマンで名を馳せたTommy Johnson(トミージョンソン)やRobert Johnson(ロバートジョンソン)が、自分の命と引き換えに悪魔と契約した場所は十字路(“The Deal at the Crossroads”)である。

mississippiencyclopedia.org

 

要するに、「A」「C」「E」「F」「G」「I」「M」「N」「O」「P」「Q」「R」「U」「V」「W」「X」「Z」などの英字や、3,6,8,9などの数字は、ゲマトリア的かつ意図的に結合され、悪魔崇拝的なメタファーとして、サブリミナル的に使用されることがある。

www.lorendavis.com

 

例えば、企業の名称に使われている「A」だけの文字の色や大きさ、字体を変えて強調させたり、新コロのアプリの名称に新コロとは全く無関係な植物の実の名前をつけてみたり、新コロ関係のコールセンターの名称に666を使ったり、とにかく文字や数字が不自然に使用されている場合は、ゲマトリアが隠されていることが多い。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210405100314p:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210405100849p:plain

 

日本にも「言霊」という言葉があるが、おそらく本質的にはゲマトリアと同類のものであろうと推察される。それゆえ、呪術的な儀式を重視する人々にとっては、ゲマトリアも「言霊」も、非常に重要な要素となることがある。

 

例えば、毎日発表される新コロの感染者数も、よくよく観察してみれば、ゲマトリア的かつ露骨な、一定の傾向があることがわかる。そもそも、毎日発表されている感染者数がすべて真実であると盲信し、メディアの報道に疑問を抱かないのであれば、洗脳偏差値は90を超えている可能性が高い。

 

特にニュースでは、頻繁にゲマトリア的な数字が出現する。特に重要だとされる、3,6,9,11,13,18,46などの数字をパズルのように、画面上または文中に散りばめて使用することが多い。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210407185111p:plain
news.yahoo.co.jp

 

道教が変化したと言われる神道では、龍神を祀る神社で茅輪神事(茅の輪くぐり)を行うことがある。茅輪はウロボロス(龍)の象徴だろう。 f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210219121217p:plain

 

龍神を表立って奉祀していなくても、社寺に関連する建造物や神輿、山車には、なぜか龍(蛇)が装飾されていることが多い。

 

例えば、結界のために掲げられる注連縄は蛇が絡み合い、交尾している姿の象徴であると言われているし、

rokujigen.blogspot.com

 

社寺建築に欠かせない虹梁(こうりょう)も、表面上は虹をモチーフにしていると言われているが、虹は老いた蛇が変化して天に昇る姿の象徴であると考えると、注連縄同様、蛇を表したものであると考えることができる。実際、直截簡明に龍を彫り込んだ虹梁も多い。

www.ryuss2.pvsa.mmrs.jp

 

ちなみに、鏡餅も蛇がトグロを巻いた姿の象徴であるし、穢れの依代となる人形(ひとがた)を川へ流す雛祭りも、元々は上の節句と呼ばれたように、蛇と関連している。

 

蛇はその姿形からか、川や湖とも関連しており、蛇と水神の関係も、井戸に馴染みのあった昭和初期まではよく知られていた。

 

また、蛇は水龍信仰だけでなく、中国発祥の風水とも関係が深い。風水では山脈や道路、水路などを、その形状から龍脈と捉え、特に龍がウロボロス的に体を丸め、珠を抱いているような場所、いわゆる「龍穴」が最上であるとしている。

 

東京でいえば、旧江戸城付近(皇居)が最も「気」が良い場所であると言われている。しかし、そもそも江戸は南光坊天海という謎多き坊主によって作られた風水都市であるから、龍信仰かつ呪術的な要素において「良い」と考えるのが自然である。ちなみに、天海が江戸に結界を張って江戸城を守るという口実で、5つの要素(five elements、五行思想)に基づき、「目(eye)」という名のつく不動尊(拝火信仰の象徴)を各所に配置したのも、本質的にはニムロッドの系譜による所以だろう。

www.tokyo-kurenaidan.com

 

このように考えてみると、日本の宗教、文化においても、アンチキリストから派生し、多種多様な形態に変化してきたペイガニズム(paganism)的な蛇(龍)信仰が隠されているのは明らかだ。

 

その証拠に、かつてキリスト教では邪悪な存在とされてきたserpent(大蛇)は、東アジアでは、豊穣や不老不死、富、知恵などの良いイメージにすり替えられている。例えば、夢に蛇が現れると金運が上がっているとか、蛇の抜け殻を財布に入れておくと金運がアップするなどの迷信が有名だ。いや、むしろ迷信と一蹴するよりも、呪術的な儀式の一端を知らず知らずのうちに刷り込まれている、と言った方が正確かもしれない。

 

蛇と同義の龍に至っては、邪悪なイメージは皆無で、むしろ崇高な龍神としてのイメージが強く刷り込まれており、みな本能的には忌み嫌っているはずの蛇や龍を、疑いもなく拝んでしまうような状況が形成されている。

almostheretical.com

blogs.timesofisrael.com

 

基本的に、世の中の「流行」や「ブーム」は意図的に作られるものであるが、巷(ちまた)で大ヒットする漫画やアニメ、映画、ゲームソフト、各種イベントなどに、龍や魔女、モンスター、妖怪、鬼、火などがモチーフとして用いられることが多いのも、「A層(支配者層)」の根底に邪悪なものに対する根強い信仰があるからだろう。重度に洗脳されたB層は、そんなことを知る由もない。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210307192120p:plain

www.youtube.com 

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 

神社は本来、神聖な場所であると信じられているが、一部の神社では未だに境内で藁人形を使った儀式が行われているし、時には宮司が凄惨な事件を起こしたり、古くからは闇社会の人々が神社に出入りし、祭事に積極的に参加している。

www.sankei.com

 

また神社によっては、非業の死を遂げた者や、強い怨念を抱いて亡くなった者らを祀り上げて神とし、その負のエネルギーを利用するかの如く大衆を集めて、拝ませることがある。いわゆる御霊信仰だ。

ja.wikipedia.org

 

例えば、牛頭天王と祇園が、Baal(ニムロッド)とSion(シオン)に関係していることなどを考察してみると、常識とは全く異なる、宗教の本質が透けて見えてくる。そんなわけで、私は完全無宗教な人間になった。

 

www.sankei.com

 

中国では広東語の「八」と发财の「发」の発音が似ているため(谐音)、8を吉数としているが、元々は古代中国からの龍信仰(龙祭祀、赛龙舟、舞龙灯、龙袍など)の一種として、8が尊ばれるようになったのであろう。ちなみに古代中国では、老いた蛇は龍になり、その龍が天に昇ると虹になる、と信じていた。それゆえに、「虹」という文字には虫偏がついているのだろう。

「感染 虹」の画像検索結果

現在では、表向きは、蛇は医学の象徴であるとしてロゴに使用されることが多い。

 

例えばWHOや各地の医師会が「アスクレピオスの杖」だと主張して、蛇をロゴに用いている。しかしながら、多くの人が本能的に蛇を恐れるように、本質的に蛇は邪悪で忌み嫌われる存在であって、その本質を隠すために龍として崇めさせたり、美しい虹などとすり換えて拝ませてきた、と考えた方が自然である。

ja.wikipedia.org

 

そう考えれば、現代医学の本質も悪である可能性があり、なぜにWHOや一部の医師会が、メディアとグルになって新コロの恐怖を煽るのかが理解できる。

*当院院長は完全無所属・無宗教です。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

tokyo-tsubame89.com

 

「急性腰痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zl1/

「慢性腰痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zk1/

「不眠症と鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/humin-2/

「偏頭痛と顎関節症の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu1/

「偏頭痛の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu2/

「緊張型頭痛(筋緊張/収縮性/緊張性頭痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu3/

「群発性頭痛(群発頭痛/ヒスタミン頭痛/ホートン頭痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu4/

「眼精疲労(目の疲れ、眼の奥の痛み、閃輝暗点)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu5/

「ドライアイ(涙液分泌不全)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu6/

「アフタ性口内炎の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu7/

「めまい(眩暈)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z8/

「耳鳴りの鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z9/

「難聴の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z10/

「メニエール病の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z11/

「突発性難聴の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z12/

「鼻炎の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z13/

「三叉神経障害(三叉神経痛、顔の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z15/

「顔面神経麻痺(ベル麻痺、まぶたの痙攣)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z16/

「頚肩腕症候群(変形性頚椎症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z18/

「肩凝り(肩こり、肩コリ、肩甲骨間痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zz19/

「肩関節周囲炎(五十肩、インピジメント症候群、腋の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zz20/

「背中の痛み(脊椎痛、肩甲骨間痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj21/

「肋間神経痛(帯状疱疹、ヘルペス、胸の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj22/

「乳腺炎(胸の張り、胸の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj23/

「手首痛(スマホ腱鞘炎、ドケルバン病、リウマチ性関節炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj25/

「肘痛(野球肘、テニス肘、ゴルフ肘、上腕骨上顆炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj25-2/

「突き指(指の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj26/

「股関節痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zl2/

「第三腰椎横突起症候群の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zl3/

「腰痛(坐骨神経痛、腸腰筋炎、股関節痛、恥骨結合炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/za2/

「椎間板ヘルニアの鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xs1/

「脊椎すべり症(腰椎すべり症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xd1/

「脊椎分離症(腰椎分離症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xd2/

「坐骨神経痛(梨状筋症候群、臀部の痛み、尻の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/vrf1/

「オスグッド・シュラッター病(成長痛、膝の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/nn1/

「下肢痛(脚の痛み、大腿しびれ、太ももの痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/mm1/

「腓腹筋痙攣(こむら返り、脚のひきつり)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/bg1/

「脛骨過労性骨障害(シンスプリント、すねの痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/nh3/

「筋挫傷(肉離れ、筋膜リリース、こむら返り、腱の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/vf1/

「ジャンパー膝(シンディング・ラーセン・ヨハンソン病)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/jj1/

「下肢痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/mh1/

「アキレス腱痛(アキレス腱周囲炎、かかと痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/njf1/

「捻挫(内外踝痛、くるぶし付近の痛み、ねんざ、腓骨筋痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/mjh1/

「足底腱膜炎(かかと痛、足底痛、足裏痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/frt1/

「月経困難症(月経痛、生理痛、下腹部痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lfd2/

「月経不順(無月経、生理不順、不妊症、早発閉経)」→https://tokyo-tsubame89.com/wow1/

「月経前症候群(PMS)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/wo2/

「更年期障害(更年期症候群、ホットフラッシュ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/hge1/

「子宮筋腫(下腹部痛、下腹部の冷え)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/hye1/

「子宮内膜症(異所子宮内膜増殖症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/tth2/

「冷え性(脚の冷え、手足の冷え、基礎体温が低い)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/yyh1/

「仙腸関節障害(恥骨結合炎、腰痛、鼠径部痛、仙骨痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/ugi1/

「しゃっくり(吃逆、横隔膜痙攣、のぼせ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/kao1/

「慢性胃炎(胃痛、萎縮性胃炎、胃酸過多、ストレス性胃炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/jj1-2/

「過敏性腸症候群の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lk2h/

「クローン病の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/cr3/

「潰瘍性大腸炎の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/674gh/

「不定愁訴症候群(自律神経失調症、倦怠感)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/qi12/

「不眠症(睡眠障害、入眠障害、イライラ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/681yt/

「変形性関節症(変形性股関節症、変形性膝関節症、棚障害)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lhk2/

「リウマチ性疾患(膠原病、全身性エリテマトーデス)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/yak1/

「無汗症(特発性後天性全身性無汗症、AIGA、無発汗症)」→https://tokyo-tsubame89.com/aiga/

「顎関節症(顎のクリック音、歯ぎしり、顎の歪み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z14/

「頚椎症(ストレートネック、鞭打ち、寝違え、首痛、首コリ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z17/

「腱鞘炎(手首痛)の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zj24/

「ギックリ痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/za1/