f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210305200051p:plain

 

日本で気象操作(weather control)について知っている人は、どれくらいいるだろう。

en.wikipedia.org

www.youtube.com

 

無数の新コロ自粛警察が闊歩する日本の現状を鑑みれば、「気象操作は陰謀である」と未だ根拠なく信じている人が大半を占めているのかもしれない。

 

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210312153615p:plain

もし地球の温暖化が事実であるならば、年々海水温は上昇し、夏は猛暑続きとなり、そこら中で上昇気流が発生して、毎年のように猛烈な台風が日本を襲うことだろう。

 

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210312153646p:plain

しかしながら、数十年に一度の猛暑となった2020年は、スーパー台風が頻発した2019年に比べ、台風はほとんど発生していない。温暖化が進んでいるはずなのに、なぜに海水温の上昇と台風の発生状況に矛盾が生じるのだろう。

 

また、「CO2(温室効果ガス)のせいで南極の氷が解けて海面が上昇する!」とメディアが騒いでみても、海抜ゼロメートルのオランダでさえ、未だ水没する様子はない。

metro.co.uk

 

オランダが水没しないならば、海抜1メートルの沖ノ鳥島が水没するはずもなく、将来日本列島が沈没するとしたら、それは意図的な結果によるものだろう。そういえば、東京の海抜ゼロメートル地帯が沈んだという話も全く聞かない。

 

要するに、いつになってもハワイと日本がくっつかないプレートテクトニクス理論と同じロジックで、温暖化の証拠を実地調査する大衆などいないだろうとか、愚民ならゼロメートル地帯が一向に水没しないという至極簡単な矛盾にさえ気が付かぬだろうなどという前提で、大衆を小馬鹿にしたような壮大な嘘を平然とつき続けているのである。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210312153352p:plain

 

 

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210312153502p:plain

大衆は、メディアや「権威」が「地球は温暖化している!」「地震は地殻変動によって起こっている!」「新コロ感染者を666人を確認した!」と言えば、調べもせず、考えもせず、ただそう信じるだけだ。

 

1961年、JFKは国連総会で、weather control(気象操作)を予測(予告)していた。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210305112325p:plain

www.youtube.com

 

1962年にはリンドン・ジョンソン(Lyndon Johnson、第36代アメリカ合衆国大統領)が、Southwest Texas State University (現在のTexas State University)の卒業式の講演で、「He who controls the weather will control the world.(気象を制する者が世界を制するだろう)」と述べた。

 

www.youtube.com

 

実際に気象操作は、ずいぶん前から画策されていたのだ。

 

中国では西北、东北、华北などで干ばつが多発していたため、1958年から人工降雨(人工增雨)の実験が開始された。

 

そして1959~1961年頃(いわゆる“三年困难时期”)、吉林省を中心に大干ばつが発生したが、この時、人工降雨に成功したらしい。

 

近年では、森林火災の消火や、砂漠の緑化にも人工降雨を利用しているようだ。

www.youtube.com

 

人工降雨の技術は、すでに世界中で実用化されている。このような技術は軍事転用であることが多いが、実際に人工降雨のミサイルも対空砲を用いて打ち上げられている。

 

「Cloud seeding(雲の種を撒く技術)」はGEの化学者によって1946年に考案されたものだから、元々は気象兵器として開発されたものなのかもしれない。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210305171923p:plain

 

2016年には、アメリカのネバダ州でドローンを使った人工降雨の実験に成功している。

www.newswise.com

 

人工降雨の仕組みは簡単だ。まずは、小型ミサイルや飛行機を使い、ヨウ化銀やドライアイス、塩などを高高度(地上7,000-8,000m)で散布する。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210305145223j:plain

 

すると、それらが空中で氷晶核となって氷粒(雨の種)に成長し、地上へ落下する途中で溶ければ雨、溶けなければ雪となる。1gのヨウ化銀で数百億個もの氷晶を産出させることができるらしい。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210305142237p:plain

baike.baidu.com

www.jp.tdk.com

 

中国では、ヨウ化銀1gを内蔵した小型ミサイル1本あたりの価格は2,000~4,000元(約32,000~64,000円)だが、ある程度広範囲に雨を降らせる場合にかかる総コストは470~500万元(約7,520~8,000万円)だそうだ。あまりにも高額すぎるから、本当かどうかはわからない。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210305144947j:plain

成都14日轻度污染 增雨破雾只因无云未能实现(组图)-搜狐滚动

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210305144629j:plain

灵宝人工降雨显威力_中原三农网|河南农业信息网|河南农业网|河南党报|中原农业资讯|河南农业网

 

また中国では、小型飛行機は人工降雨作業中に墜落するリスクがあるためか、

www.youtube.com

 

近年は、無人機(无人机)を用いた人工降雨にシフトしつつあるようだ。

www.cma.gov.cn

 

日本でも人工降雨はすでに実用化されており、奥多摩の小河内ダムに人工降雨装置が設置されている。ちなみに中国では、ヨウ化銀の大量散布による、健康被害が懸念されている。

www.youtube.com

 

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210306090055p:plain

東京水道技術マガジン vol.2 | 広報・広聴 | 東京都水道局

 

さらに、ジェットエンジンを用いても、人工的に雨を降らせることが可能だ。

 

実際に、BBCの人気番組「Top Gear」では、スペースシャトル用のジェットエンジン、RS-25を運転させた際に出た水蒸気が天に昇って雲となり、約1時間後に雨となって地上に降り注いだ様子を放映している。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210305115356p:plain

www.youtube.com

 

ジェットエンジンによる人工降雨を目の当たりにした司会者のジェレミー・クラークソンはIt’s raining,that’s unbelievable!NASA is playing God!と叫んでいた。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210305185233p:plain

そうそう、「CRAZY CONSPIRACY THEORIST(キチ〇イ陰謀論者)」によると、「NASA」はヘブライ語でto deceive(欺く、騙す)とか、greatly deceived(すっかり騙される)などの意味があるそうな。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210305201855j:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210305203404j:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210305203509p:plain

 

ちなみに、ヨウ化銀にナノサイズのアルミニウムを混ぜて高高度で散布し、マイクロ波や高周波を照射すると、アルミニウムが発熱するため、大粒の雨を降らせることが可能だと言われている。

 

マイクロ波兵器(指向性エネルギー兵器)はすでに実戦配備されているし、

www.jiji.com

newsphere.jp

 

テスラコイルの技術を応用して開発されたHAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)も、高周波を電離層に照射することが可能であるから、理論上は局所的なゲリラ豪雨を降らせることは可能だ。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210321170643p:plain
haarp.gi.alaska.edu

 

アメリカ空軍が管理していたHAARPの施設は2014年に閉鎖されているが、現在は京都大学生存圏研究所内に設置されたMUレーダーがHAARPと同様、指向性エネルギー兵器として利用されているのではないか、という噂がある。

ameblo.jp

blog.goo.ne.jp 

 

例えば、2016年4月14日に発生した熊本地震の2か月後、6月19日~22日にかけて、狙ったかのような局所的な豪雨が発生、熊本県甲佐では150mm/1hの猛烈な雨(史上1位、日本歴代4位)が降り、被災地は甚大な複合災害に見舞われた。

www.asahi.com

 

その後、2017年には九州北部豪雨、2018年には西日本豪雨、2019年には長野豪雨、2020年には再び熊本豪雨など、局所的かつ不自然なゲリラ豪雨が頻発した。

c.sanyonews.jp

 

最近でも、2021年3月13日に福島沖で発生した大地震の2日後、それまで好天が続いていたにも関わらず、 被災地だけを狙ったかのような局所的かつ猛烈な「爆弾低気圧」が突如として発生している。

news.yahoo.co.jp

 

さらに、2021年3月2日189分頃に、東北沖付近で発生したマグニチュード7.2の地震(震源の深さ約60km)の翌日にも、それまで快晴続きだったにも関らず、突如として東北を中心とした大雨が発生している。この地震に関する数字はゲマトリア的にも怪しすぎるが、重度に洗脳されたコ〇ナ脳な人々には理解できないかもしれない。

tenki.jp

weathernews.jp

 

もし、これらすべてが、温暖化で海水面や海水温が上昇した結果の豪雨であるならば、世界各地で豪雨が頻発し続けるはずであり、日本の一部の地域だけに限って大地震の後に、頻繁かつタイミングよく豪雨が発生するのは不自然である。

www.youtube.com

 

しかしながら、無知かつ無思考であると、温暖化の偽装→CO2地中貯留→自然災害の偽装→メディアによる気候変動の刷り込み→ハリウッドスターや自称「環境活動家」による地球環境保全のプロパガンダ→再生可能エネルギーの推進→各種環境税の徴収(炭素税、再エネ促進賦課金など)→SDGs→2030Agendaという、ヘーゲルの弁証法的な古典的ロジックを見抜けず、只々自然災害は恐ろしいと嘆くばかりになる。

toyokeizai.net

ab5730.blog.fc2.com 

 

ちなみに、Mr.Microsoftは地球温暖化抑制を名目とした「sun-dimming technology」に投資を始めている。成層圏内でCaCO₃ (炭酸カルシウム)を撒いて太陽光を遮断し、人為的に気温を低下させ、地球温暖化を抑止しようという建前だ。www.forbes.com

forbesjapan.com

www.nature.com

 

しかし、「科学者」たちが、今後15年以内に「ミニ氷河期」が到来する可能性があると予言(予告)していたことや、Mr.MicrosoftがTEDでワクチンによる人口抑制(削減)に言及していたことや、多くの農場を買い占めていたことなどを知っていれば、何がデマで、何が真実なのかが、自ずと透けて見えてくるだろう。

www.huffpost.com

nypost.com 

 

さらに、WEF(世界経済フォーラム)は2017年6月の記事で、ドイツの科学者が巨大な人工太陽の開発に成功したと記している。人間は、太陽さえもコントロールすることが可能になったわけだ。また、この記事は太陽の動力源が核融合反応でないことを証明した、1つの決定的な記事であると言える。

www.weforum.org

 

WEFは2021年3月の記事で、波長222nmの遠紫外線(far-UVC)が、存在が証明されていないはずの空気中の新コロを99.9%不活性化することができるライト(Urban Sun)についても記している。WEFを構成している人々はゲマトリアを非常に重視していると推察され、記事中に現れる数字をゲマトリアで計算することができる人は、この記事が怪しいことにすぐ気が付くだろう。

www.weforum.org

 

しかし、ゲマトリアさえ知らず、科学というカ〇トによって重度に洗脳された人々は、地球から約1憶5,000万キロ離れていて超高速自転かつ螺旋状公転・移動しているはずの太陽と、地球から38万km離れていて自転と螺旋状公転が同期しているはずの月が、時速1,600km以上で自転し、時速約108,000kmで螺旋状に公転しているはずの地球から、奇跡的に寸分違わぬ大きさで見えたり、

www.youtube.com

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210312153318p:plain

 

奇跡的に月食や日食が起こったり、奇跡的に月が同じ面だけを地球に向けていたり、奇跡的に38万km離れた位置からでも月を綺麗に撮影できたり、奇跡的に太陽光が球体のはずの月に全面均一に反射したり、

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210313164606p:plain

 

約1憶5,000万km離れた場所にあるはずの太陽光が水平ではなく、奇跡的に放射線状に降り注いだり、

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210313165157p:plain

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210313165220p:plain

 

太陽が誕生したのが46億年前であったりすることに疑問など抱かないだろうから、WEFの大衆を小馬鹿にしたような記事がフェイクであることを見抜くなんてことはできぬだろうし、ましてや世界の仕組みを理解し、フェイクニュースの真意を知るなんてことは、到底能わぬのであろう。

f:id:tokyotsubamezhenjiu:20210313165444p:plain

 

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

「急性腰痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zl1/

「慢性腰痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zk1/

「不眠症と鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/humin-2/

「偏頭痛と顎関節症の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu1/

「偏頭痛の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu2/

「緊張型頭痛(筋緊張/収縮性/緊張性頭痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu3/

「群発性頭痛(群発頭痛/ヒスタミン頭痛/ホートン頭痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu4/

「眼精疲労(目の疲れ、眼の奥の痛み、閃輝暗点)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu5/

「ドライアイ(涙液分泌不全)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu6/

「アフタ性口内炎の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu7/

「めまい(眩暈)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z8/

「耳鳴りの鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z9/

「難聴の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z10/

「メニエール病の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z11/

「突発性難聴の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z12/

「鼻炎の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z13/

「三叉神経障害(三叉神経痛、顔の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z15/

「顔面神経麻痺(ベル麻痺、まぶたの痙攣)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z16/

「頚肩腕症候群(変形性頚椎症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z18/

「肩凝り(肩こり、肩コリ、肩甲骨間痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zz19/

「肩関節周囲炎(五十肩、インピジメント症候群、腋の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zz20/

「背中の痛み(脊椎痛、肩甲骨間痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj21/

「肋間神経痛(帯状疱疹、ヘルペス、胸の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj22/

「乳腺炎(胸の張り、胸の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj23/

「手首痛(スマホ腱鞘炎、ドケルバン病、リウマチ性関節炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj25/

「肘痛(野球肘、テニス肘、ゴルフ肘、上腕骨上顆炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj25-2/

「突き指(指の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj26/

「股関節痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zl2/

「第三腰椎横突起症候群の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zl3/

「腰痛(坐骨神経痛、腸腰筋炎、股関節痛、恥骨結合炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/za2/

「椎間板ヘルニアの鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xs1/

「脊椎すべり症(腰椎すべり症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xd1/

「脊椎分離症(腰椎分離症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xd2/

「坐骨神経痛(梨状筋症候群、臀部の痛み、尻の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/vrf1/

「オスグッド・シュラッター病(成長痛、膝の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/nn1/

「下肢痛(脚の痛み、大腿しびれ、太ももの痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/mm1/

「腓腹筋痙攣(こむら返り、脚のひきつり)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/bg1/

「脛骨過労性骨障害(シンスプリント、すねの痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/nh3/

「筋挫傷(肉離れ、筋膜リリース、こむら返り、腱の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/vf1/

「ジャンパー膝(シンディング・ラーセン・ヨハンソン病)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/jj1/

「下肢痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/mh1/

「アキレス腱痛(アキレス腱周囲炎、かかと痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/njf1/

「捻挫(内外踝痛、くるぶし付近の痛み、ねんざ、腓骨筋痛)の鍼灸治療」→

「足底腱膜炎(かかと痛、足底痛、足裏痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/frt1/

「月経困難症(月経痛、生理痛、下腹部痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lfd2/

「月経不順(無月経、生理不順、不妊症、早発閉経)」→https://tokyo-tsubame89.com/wow1/

「月経前症候群(PMS)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/wo2/

「更年期障害(更年期症候群、ホットフラッシュ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/hge1/

「子宮筋腫(下腹部痛、下腹部の冷え)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/hye1/

「子宮内膜症(異所子宮内膜増殖症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/tth2/

「冷え性(脚の冷え、手足の冷え、基礎体温が低い)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/yyh1/

「仙腸関節障害(恥骨結合炎、腰痛、鼠径部痛、仙骨痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/ugi1/

「しゃっくり(吃逆、横隔膜痙攣、のぼせ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/kao1/

「慢性胃炎(胃痛、萎縮性胃炎、胃酸過多、ストレス性胃炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/jj1-2/

「過敏性腸症候群の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lk2h/

「クローン病の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/cr3/

「潰瘍性大腸炎の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/674gh/

「不定愁訴症候群(自律神経失調症、倦怠感)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/qi12/

「不眠症(睡眠障害、入眠障害、イライラ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/681yt/

「変形性関節症(変形性股関節症、変形性膝関節症、棚障害)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lhk2/

「リウマチ性疾患(膠原病、全身性エリテマトーデス)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/yak1/

「無汗症(特発性後天性全身性無汗症、AIGA、無発汗症)」→https://tokyo-tsubame89.com/aiga/

「顎関節症(顎のクリック音、歯ぎしり、顎の歪み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z14/

「頚椎症(ストレートネック、鞭打ち、寝違え、首痛、首コリ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z17/

「腱鞘炎(手首痛)の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zj24/

「ギックリ痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/za1/

「線維筋痛症/筋筋膜性疼痛症候群の鍼灸治療」→

https://tokyo-tsubame89.com/fms/