疫学:安静時または運動時、または常時、腰に痛みを感じる疾患の総称。腰痛は二足歩行をするヒトの宿命である。下肢へのしびれ、筋力低下、知覚障害などが併発することがある。

原因:大半の腰痛症は力学的な要因により、腰部筋群の使い過ぎ、不良姿勢が原因になることが多い。その他、退行変性(老化)、骨代謝異常、外傷、炎症、腫瘍などによる。

注意点:急性腰痛症、外傷性腰痛(椎体圧迫骨折、椎体横突起骨折など)、炎症性腰痛(化膿性脊椎炎、強直性脊椎炎、結核性脊椎炎、カリエス)、血管腫、骨髄腫、悪性腫瘍の脊椎転移などとの鑑別が必要。

一般的な治療法:薬物療法、腰痛体操(ウィリアムズ体操、マッケンジー体操)、手術療法、保存療法など。

当院の治療法:椎骨や椎間板、靭帯などに器質的病変が見られる場合は鍼灸では対症療法的なアプローチしか出来ないことがあります。しかし、慢性腰痛の多くは筋肉由来のケースが多いので、当院のような刺鍼法であれば、劇的に改善することも珍しくありません。例えば、ぎっくり腰などは、どこへ行っても完治させることは難しいようですが、骨などに器質的な病変が無ければ、当院では基本的に1~3回で痛みを完全に無くすことが可能です。特に、腸骨筋の異常収縮が原因のぎっくり腰は、腰が90度近く前屈して杖をついて来院したようなケースでも、刺鍼後1時間程度経てば、腰を伸ばして歩けるようになります。毎年ぎっくり腰を繰り返していて、様々なぎっくり専門の治療院を渡り歩いた患者が証言するには、当院ほど劇的な効果がある治療法は他にないそうです。当院では見慣れた光景ですが、確かに1回の施術でぎっくり腰患者を動けるように出来る医療関係者は、ほとんど存在しないかもしれません。しかし、時にゴッドハンドと呼ばれる私も、実際には神には及びませんから、1回の施術でぎっくり状態を解除できないケースも稀にあります。感覚的には、10人に1人くらいそういうケースがあります。この場合、考えられる原因は、まずは筋肉由来のぎっくり腰ではなく、急性膵炎や結石、圧迫骨折、腫瘍などによるケースです。この場合は何回刺鍼しても痛みは取れませんから、病院へ直行してもらいます。次に、大腰筋、腸骨筋、多裂筋、腰方形筋、起立筋群上部の筋肉の何れかがほぼ同時多発的に異常収縮を起こしているケースです。これらの筋肉は全て腰痛の原因になり得ます。この場合、2~5回程度施術しないとギックリは解除出来ません。最後に、腸骨筋全体が異常に硬くなっていて、1回の施術で筋肉が緩み切らなかったケースです。腸骨筋は刺鍼後の反応が特殊で、1回の施術で術後すぐに歩けるようになったものの、自宅に帰ってしばらく経ったら、ぎっくりが再発し、少し寝たら完全に痛みがとれたとか、施術直後すぐには効果が見られなかったものの、15分ほど歩いたり安静にしていたら、急に痛みがとれて動けるようになった、というようなケースが見られます。腸骨筋への刺鍼本数は基本的には2~3本ですが、筋肉の面積が広いため、異常収縮している筋繊維の割合が大きいと推察される場合は、1回の施術で片側4~5本ずつ刺鍼するのがベストです。しかし、実際には、ただでさえ腸骨筋刺鍼は激烈な痛みを伴うのに、筋肉が異常に硬くなっているぎっくりタイムに5本も刺鍼するのは拷問に等しいのであって、なるべく患者の苦痛を減らそうと思えば、3本刺すのが限界であることが多いです。つまり、とりあえず3本刺してみて、変化が悪ければ、もう1~2回に分けて刺そう、というのが無難な判断になります。そのため、1発でぎっくりを解除するという神業的な施術も可能なのですが、患者の叫び具合や腸骨筋の状態によっては、3回目の施術で何とかぎっくりを解除できた、というケースも出てしまうわけです。毎年ぎっくりを繰り返しているような患者は、1回の施術でぎっくりを解除できたとしても、大腰筋や多裂筋、腰方形筋に頑固なコリがある場合が多いですから、しばらくは通院していただき、ある程度、腰部と骨盤周囲の筋肉が柔らかくなるまで、様子をみていただくのがベストです。そうすれば、ぎっくり腰が再発することなく、何年も無事に過ごすことが可能になるかもしれません。実際にそうなり、毎年年末になると、院長に貢物を持参する患者も少なくありません。確かに、ぎっくり腰は「魔女の一突き」と呼ばれるほど苦しいものでしょうから、そんな状況から解放されたとなれば、毎年高価なお歳暮を贈るのも喜ばしいことなのかもしれません。

「急性腰痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zl1/

「慢性腰痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zk1/

「不眠症と鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/humin-2/

「偏頭痛と顎関節症の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu1/

「偏頭痛の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu2/

「緊張型頭痛(筋緊張/収縮性/緊張性頭痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu3/

「群発性頭痛(群発頭痛/ヒスタミン頭痛/ホートン頭痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu4/

「眼精疲労(目の疲れ、眼の奥の痛み、閃輝暗点)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu5/

「ドライアイ(涙液分泌不全)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu6/

「アフタ性口内炎の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zhenjiu7/

「めまい(眩暈)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z8/

「耳鳴りの鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z9/

「難聴の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z10/

「メニエール病の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z11/

「突発性難聴の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z12/

「鼻炎の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z13/

「三叉神経障害(三叉神経痛、顔の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z15/

「顔面神経麻痺(ベル麻痺、まぶたの痙攣)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z16/

「頚肩腕症候群(変形性頚椎症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z18/

「肩凝り(肩こり、肩コリ、肩甲骨間痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zz19/

「肩関節周囲炎(五十肩、インピジメント症候群、腋の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zz20/

「背中の痛み(脊椎痛、肩甲骨間痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj21/

「肋間神経痛(帯状疱疹、ヘルペス、胸の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj22/

「乳腺炎(胸の張り、胸の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj23/

「手首痛(スマホ腱鞘炎、ドケルバン病、リウマチ性関節炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj25/

「肘痛(野球肘、テニス肘、ゴルフ肘、上腕骨上顆炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj25-2/

「突き指(指の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zj26/

「股関節痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zl2/

「第三腰椎横突起症候群の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/zl3/

「腰痛(坐骨神経痛、腸腰筋炎、股関節痛、恥骨結合炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/za2/

「椎間板ヘルニアの鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xs1/

「脊椎すべり症(腰椎すべり症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xd1/

「脊椎分離症(腰椎分離症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/xd2/

「坐骨神経痛(梨状筋症候群、臀部の痛み、尻の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/vrf1/

「オスグッド・シュラッター病(成長痛、膝の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/nn1/

「下肢痛(脚の痛み、大腿しびれ、太ももの痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/mm1/

「腓腹筋痙攣(こむら返り、脚のひきつり)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/bg1/

「脛骨過労性骨障害(シンスプリント、すねの痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/nh3/

「筋挫傷(肉離れ、筋膜リリース、こむら返り、腱の痛み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/vf1/

「ジャンパー膝(シンディング・ラーセン・ヨハンソン病)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/jj1/

「下肢痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/mh1/

「アキレス腱痛(アキレス腱周囲炎、かかと痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/njf1/

「捻挫(内外踝痛、くるぶし付近の痛み、ねんざ、腓骨筋痛)の鍼灸治療」→

「足底腱膜炎(かかと痛、足底痛、足裏痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/frt1/

「月経困難症(月経痛、生理痛、下腹部痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lfd2/

「月経不順(無月経、生理不順、不妊症、早発閉経)」→https://tokyo-tsubame89.com/wow1/

「月経前症候群(PMS)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/wo2/

「更年期障害(更年期症候群、ホットフラッシュ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/hge1/

「子宮筋腫(下腹部痛、下腹部の冷え)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/hye1/

「子宮内膜症(異所子宮内膜増殖症)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/tth2/

「冷え性(脚の冷え、手足の冷え、基礎体温が低い)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/yyh1/

「仙腸関節障害(恥骨結合炎、腰痛、鼠径部痛、仙骨痛)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/ugi1/

「しゃっくり(吃逆、横隔膜痙攣、のぼせ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/kao1/

「慢性胃炎(胃痛、萎縮性胃炎、胃酸過多、ストレス性胃炎)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/jj1-2/

「過敏性腸症候群の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lk2h/

「クローン病の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/cr3/

「潰瘍性大腸炎の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/674gh/

「不定愁訴症候群(自律神経失調症、倦怠感)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/qi12/

「不眠症(睡眠障害、入眠障害、イライラ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/681yt/

「変形性関節症(変形性股関節症、変形性膝関節症、棚障害)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/lhk2/

「リウマチ性疾患(膠原病、全身性エリテマトーデス)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/yak1/

「無汗症(特発性後天性全身性無汗症、AIGA、無発汗症)」→https://tokyo-tsubame89.com/aiga/

「顎関節症(顎のクリック音、歯ぎしり、顎の歪み)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z14/

「頚椎症(ストレートネック、鞭打ち、寝違え、首痛、首コリ)の鍼灸治療」→https://tokyo-tsubame89.com/z17/

「腱鞘炎(手首痛)の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/zj24/

「ギックリ痛の鍼灸治療概論」→https://tokyo-tsubame89.com/za1/